【鷲見玲奈アナ】テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2018発売!【撮影オフショット☆】 #女子アナ #followme #女子アナウンサー

CL-288 卓上 テレビ東京 女性アナウンサー カレンダー 2018年版〔新品・即決〕

 上記画像の無断転載を禁止いたします。この画像は正規販売店のみが使用を許可されています。
※ 画像は制作途中の素材やイメージを使用している場合もあり実物とは異なる場合があります。
カレンダー館のカレンダー販売 タイトル 卓上 テレビ東京 女性アナウンサー カレンダー 2018年版 使用時サイズ 18.2 × 12.8 cm・60ページ
  ■ご注意とご連絡事項■

  ・ 商品は全て版権・肖像権所有者の承認済正規販売商品です。
  ・ 通常はご入金確認後に3~10日前後にてご発送可能ですが、商品欠品時は商品の入荷を
    お待ちいただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
  ・ ご発送は3~10日前後の範囲の間となりますのでお急ぎの方は落札されないでください。

↓↓↓↓↓

女子アナカレンダーに関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

【鷲見玲奈アナ】テレビ東京女性アナウンサーカレンダー2018発売!【撮影オフショット☆】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナカレンダー 2017 テレビ東京に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

鈴木奈穂子 ☆ NEWS 7~NHK
【2017/10/24/火】 ★ 鈴木奈穂子 1~7【2017/10/26/木】 ★ 鈴木奈穂子 1~20

「GINGER」小物特集でハイブランド連発も……アラサー女子の“情緒不安定さ”が垣間見えるワケ

 今月の「GINGER」(幻冬舎)は付録つき。「Odette e Odile」とコラボしたソックス2足セットなのですが、なんとなく既視感が……って! ちょうど1年前の2017年3月号の付録と同じでは? 前回は「NANO UNIVERSE」とのコラボというブランドの違いはあれど、シンプルだけどおしゃれなデザイン、さりげないラメに絶妙な丈感……ほぼ一緒です! ネタ切れ? 使い回し? それとも、1年たったということで、履き古した靴下の交換用にという編集部の親切心なのでしょうか。それでは、早速本誌もチェックしていきましょう~!

<トピックス>
◎鍛えろ、小物力!
◎小物収納達人の思考回路
◎“めぐりグセ”で自分らしくヤセる!

極端すぎるピンポイントなファッション特集

 今月のメイン特集は「鍛えろ、小物力!」です。バッグ、帽子、ベルト、アクセサリー、腕時計、メガネなどなど、徹底して小物にフィーチャーしています。「服を買わなくても、“いつもと違う”おしゃれが叶う」というキャッチの通り、まったく同じコーディネートに小物を変えただけの写真をひたすら何パターンも掲載していくという構成の誌面。もちろん受ける印象は変わりますし、3パターンくらいなら、「なるほどね~」と参考になるものの、“これでもか!”というほどに、ありとあらゆる小物づかいのパターンを提示してくるので、いや、普通に今春の流行コーディネートの着回し方法も教えてくれよ! という気持ちになります。別に、毎日同じ服着ないし! それに、そんなに「今日はグッチ♪」「明日はフェラガモ♪」って、ノリでハイブランドのバッグを何個も買えないし! あと50万円オーバーの腕時計も色違いでは買えませんよ! やはり「GINGER」、やることが極端で加減を知りません。

 以前からピンポイントすぎるファッション企画をぶっこんでくる「GINGER」。しかし、「白Tシャツ」や「ZARA」など“実用的でコスパ最高!”といった現実的な方向に振り切るときと、「靴」や今回の「小物」など“ハイブランド至上主義!”といったキラキラあこがれ方向に振り切るときの落差がすごい。まるで理想と現実の間で揺れ動くアラサー女子のようで、情緒不安定さが垣間見えてしまうんです。その中庸を採るという選択肢が、なぜ存在しないのかは気になるところです。

 ところで“小物力”というワードからして、若干引っかかっていたのですが、今回の特集には、「小物をコントロールする力」「小物の持つ特別な力」と、まるで小物に魔法が宿っているかのような言い回しが散見されるんです。

 「小物収納達人の思考回路」という企画も例に漏れず、登場する“小物収納達人”たちが、「この(収納)コーナーには私の世界観が集約されている」「見えないところまで美しく収納」などと語る語る。自分なりの哲学を持っており、収納とは、小物たちを大切に「休ませ」て「小物力を充電」させることなのだとか。難解!

 しかし次のページでは、“整理収納アドバイザー”が、収納とは「しまった状態の美しさ」よりも「保管のしやすさ」「取り出しやすさ」に重点を置くことが大事だという現実的なアドバイスでばっさり。自分の朝の動線にあった置き場所かどうかを確認したり、また「仕事」「休日」「パーティー」と用途別に分けることを推奨するなど、小物を使いやすくするための収納術をいくつも教えてくれました。

 正直、収納方法なんてその人個人の好みでいいとは思います。しかし、利便性優先と世界観優先という両極端な収納術を同時に見せてしまっては、読者も混乱必至では? それとも、毎号迷走しがちな「GINGER」女子に、“自分で選ぶ”という課題を与えているのでしょうか。

「GINGER」女子の輝ける場所がココにあり!

 最後に見ていくのは「“めぐりグセ”で自分らしくヤセる!」です。今回のダイエット企画では、ダイエット美容家・本島彩帆里さんが、糖質過多や運動不足などの“太りグセ”を改善して、体のめぐりをよくする“めぐりグセ”を提案しています。

 「全部やろうと思わなくてもOK」「自分の“太りグセ”を意識してやめていくこと」から始めましょうとのことで、ダイエットというより、“無理せずヤセやすい体に体質改善すること”を推奨しています。が、それが一番難しいのは自明のこと。「飲み会中も水分を摂り、おつまみは枝豆に」「小麦粉は避ける」「コーヒーは15時まで」「小腹がすいたら茹で卵でしのぐ」「カフェブレイクはハーブティーで」「夕食は消化によいものを就寝3時間前までに」などなど、わかっちゃいるけど実践するのは難しい“めぐりグセ”全23個が挙げられています。

 しかしモニターとして登場した4名の読者は、皆ここに挙げられている“めぐりグセ”のほか、週末にダンス部の活動にいそしんだり、1日1万歩以上を目標にウォーキングしたり、デスクワーク中に70~80℃のお湯をタンブラーに入れて足に挟むという荒技「タンブラー温灸」を日課にしたりとストイックさを見せ、中には2週間でウエスト-2.5センチという結果にコミットした人も!

 根が真面目なのでしょうか、オシャレや恋愛に関しては方向性のズレた努力や極端な思考で迷走しがちな「GINGER」女子ですが、明確な目標のあるダイエットや筋トレでは、まるで水を得た魚のように生き生きと輝いています。ダイエット企画はいつも巻末数ページの扱いではあるものの、いっそのことピンポイントにメイン特集としてみてはどうでしょうか。
(橘まり子)

========== Free Reort ==========

1. キレイなお姉さん系職業と出会う方法・・・女子アナ・モデルと気軽に出会ってみませんか?

2. 今からでも作れる!モデル脚!!~美脚の作り方~魅惑の美脚プログラム~

3. ☆モデ痩せ – 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法

========== Free Reort ==========