Home / 女子アナ情報 / 壮絶!田中みな実、アノ写真に隠された事実とは… #女子アナ #followme #女子アナウンサー
21 10月, 2017

壮絶!田中みな実、アノ写真に隠された事実とは… #女子アナ #followme #女子アナウンサー

Posted in : 女子アナ情報 on by : joshianakun

DVD R落●女子アナ 革命ステーション5+25 全3巻/坂本祐祈

レンタル落ちのDVDです。  女子アナ 革命ステーション5+25 全3巻
「20世紀少年」シリーズの堤幸彦が企画・原案を務めたドラマ。子供の頃から女子アナになることを夢見てきたみのりだったが、採用試験の結果はいつも不合格。そんなある日、彼女の前にひとりの男が現れ、女子アナにならないかと声を掛ける。
出演:坂本祐祈、甲斐まり恵、細野由華、鷲尾春果 ほか
  
【レンタル落ちDVDについて】 ケースに擦りキズ、ジャケットに傷み(シールやシールの剥がしあと、折れや破れ、焼けや色褪せ等)があります。
ディスクのセンターホールにヒビ、レーベル面にシールや、マジック書きがある場合があります。
レンタルで使用されていたDVDになりますので、視聴に支障のない程度のチラつきや乱れはあるかと思います。レンタル落ちのDVDにご理解のある方の入札をお願いします。
レンタル落ちのDVDには、セル用の商品をレンタルショップにて使用されていた物も含まれます。ケース(ジャケット)とディスクのみとなります。 【配送について】 落札後は、配送方法欄にある配送方法の中からご選択頂けます。追跡・補償の有無をご自分でお調べのうえご選択下さい。ゆうパックにも対応致しますが、配送先地域によって送料が異なるため事前に登録しておりません。ゆうパックの送料は、落札前に配送先地域を記載してご質問下さい。同意頂けましたら、配送方法欄に追加致しますので追加後に落札をお願い致します。
【落札後の同梱依頼対応不可】
落札後の同梱依頼には対応致しません。複数落札ご希望で同梱配送希望の場合は、入札前に質問より、ご希望商品と配送先地域をご連絡下さい。送料を回答し、同意頂けましたら、セットにして新しく出品致します。セット出品するまでに他の方に落札された場合は、申し訳ございませんが無効とさせて頂きます。

↓↓↓↓↓

女子アナに関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

壮絶!田中みな実、アノ写真に隠された事実とは…

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナ 写真に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

プレゼントは何がいい?[暮らし・生活・行事>その他(暮らし・生活・行事)]

このたび転勤した同僚への贈り物を何にしようか困ってます。 英語関係の仕事をしている人なのですが、パソコン・女子アナ・鉄道等のマニアで、40歳、独身です。 非常に凝り性で好みが…

高井美紀 ☆ 住人十色~MBS毎日
【2017/2/4/土】 ☆ 高井美紀1~5

「話が通じない男」はなぜ生まれるのか? 男女の“コミュニケーション不全問題”を紐解く

 「将来や就職など真面目な話をしようとすると応じてくれない彼氏」「付き合いで飲みに付き合っただけなのに自分に気があると勘違いする職場の既婚上司」「グチを呟いただけなのに『オジサンも職場と家の板挟みで辛いんだから大目に見てよ』とTwitterで絡んでくるクソリプおじさん」……。

あなたもこんな「話を聴かない(=話の通じない)男」たちに遭遇したことはないだろうか? 心をモヤモヤさせられる彼らとは、できれば関わらずにいたいけれど、職場の上司や自分のパートナーが「話を聴かない男」だったらどうすればいいの? そんな疑問に始まり、これからの時代に求められる男女のコミュニケーションについて考えるトークイベント『早稲女同盟×桃山商事-<語る女>と<聴く男>の共闘に向けて-』が、浅草・田原町の本屋Readin’ Writin’ BOOK STOREで開催された。

 イベントの主催は、同人誌「いばら道」発刊している早稲女同盟。2015年にさまざまなバックグラウンドを持つワセジョ(早稲田大学に通う女子学生または卒業した女性)が集まって発足され、エッセイや詩、小説、漫画などを通して「自分と向き合い、自分の言葉で語る」表現活動を行っているという。今回は立ち上げメンバーである編集長・早乙女ぐりこ氏、橘まり子氏、伏見ふしぎ氏の3名が登壇。彼女たちのトーク相手は、9月に新刊『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を刊行した桃山商事の清田代表と森田専務。“失恋ホスト”として1,000人以上の女性たちのお悩みに耳を傾けてきた彼らは、「聴く男」の代表としてブッキングされたそうだ。そんな「語る女」と「聴く男」たちによるトークのハイライトをレポートしたい。

◎「プレゼンテーションのことをコミュニケーションだと思っている」問題

 イベント前半では、早稲女同盟の3人が出会った「聴けない男」の具体例で盛り上がった。飲み会の席で「彼女がほしい」と相談されたのでアドバイスをしたら「それは嘘でしょ!」と、こちらの意見を全否定し、始終モテない自慢を繰り広げる男友達や、「最近は恋愛モードじゃない」「タイプじゃない」と断っているのに、「で、いつデートする?」と何度も誘い続けてくる男などのエピソードに、登壇者たちからは「もはやサイコパス」「腹が立つというより、むしろ可哀想」と辛らつな意見も飛び交った。

 「おそらくその男性はアドバイスがほしいんじゃなくて、“アテンション”がほしいだけだったのではないか。モテない自慢も、サービス精神からその場を盛り上げようと、つい話を盛ってしまっているのかもしれない。自分の興味がそこ(自分がモテないこと)にあるため、しゃべれる話題がそれしかない可能性も」と清田氏は解説する。

 また「男性は一方的なプレゼンテーションのことをコミュニケーションだと思っている」(清田氏)という説には、皆思い当たる節があるのか、会場内からも「あ~~~」と嘆声が漏れた。学生時代、塾講師のアルバイトをしていたという早乙女氏は、「中学1年生の男子でも、すでに話を聴けない子がいた。ほかの生徒に指導している最中に割り込んできて、一方的に自分の話をし始めたり。男性講師にはそんな態度じゃなかったので、家庭で母親が息子を甘やかしすぎているせいで、女の人は自分を無条件に受け入れてくれる存在だと思っているんじゃないか」と経験談を話し、問題の根深さが浮き彫りになった。

 イベント後半では、話題は「語る」という行為に及んだ。早稲女同盟発刊の「いばら道」は、「セックス」「仕事」「アイドル」など、1つのテーマについて各執筆者が自分の言葉で語っていく、という形式を採っているという。旧来的なジェンダー観に根づいている「男=語る側」「女=聴く側」という関係性を逆転させたところに同誌の面白さがあるのだろう、と清田氏は指摘する。

 しかし早乙女氏によれば、男性が、例えば『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)のようにオチのある話を好み、面白さを競い合うのとは違って、「順番に語るという同じ形式を取っていても、お互いを肯定し共感の和が広がっていくような癒やし効果を得ている」そうだ。「読者からも『これは私の話です!』という声が多く、どの作品に対しても満遍なく感想が届く。執筆者と読者の枠も外れて、読者だった子が書きたいと言って次号に寄稿してくれることもある」と橘氏。一方、男性読者からは誤字の指摘や作品を点数化して評価するような感想が届くそうで、「競い合いがない世界は男性にはないんですか? それに男の人って友達同士では仕事やプライベートの相談をあまりしない気がする。苦しくなるまで抱え込んで疎遠になった友人もいるし……語ることで楽になることもあるのになあ」と伏見氏は首をかしげる。

 この問いには「友人関係の捉え方の問題かもしれない」と森田氏。「上司や先輩など上下関係なら甘えてもいいが、友人同士はフラットな関係だから甘えられないと考えている。そもそも、男はそんなに自分の弱い部分を語らないものだという思い込みもあるかもしれない」と言う。中高の6年間を男子校で過ごした清田氏は、「ゴミ箱にゴミをシュートするとか、授業中にどれだけ面白い発言ができるかとか、いつでも全裸になれるとか(笑)、自分が勝てることは何かを考え、ひたすらパワーゲームを続けていた」と当時は自身も男性的なコミュニケーションに興じていた経験を明かしつつ、「でもそれは脳の構造の問題などではなく、単に男性は『語り合う』『会話を楽しむ』ということに慣れていないだけではないか』と分析。

 そしてバカリズム脚本のドラマ『架空OL日記』(日本テレビ系)を例に挙げ、ゴールや結論があるわけではなく「わかる~」という感覚を共有することで延々と盛り上がれるOLたちの会話を絶賛した。こうした「シスターフッド」とも呼べる関係は、昨年大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『カルテット』(ともにTBS系)などでも肯定的に描かれているといい、そうなると同時に巻き起こる男性不要論についても触れられた。

◎男女が「共闘」するためには開かれたパートナーシップが重要

momoyamas

 最後に「男性自身が変わるきっかけは、失恋、失業、病気などのアイデンティティークライシスを経験する“内圧”か、今のままでは自分の立場が不利になっていくという“外圧”のどちらか」と、かつては人の話がまったく「聴けない男」だった自身の経験と併せて語った清田氏。

 「例えばカフェで充実した楽しい2時間を過ごせる男性と、会話はつまらないけれど高い焼肉奢ってくれる男性ならどっちがいいかという話で、おそらく前者の方がいいという女性が多いのでは?」と投げかけると、会場の女性陣も大きく頷く。早稲女同盟の面々も、学生の頃は彼氏の言動にモヤッとしても自分が我慢すればいいと黙っていたこともあったが、そんな一方的な関係を解消し、今では話し合えるパートナーと結婚した人が多いという。

 ここで早乙女氏が「結婚生活に必要なのは『共感』と『共闘』だと思っていて」と今回のトークテーマ「共闘」について切り出す。「共闘」というからには戦う相手がいる。それは家事分担、親戚付き合い、出産、子育て、介護など、その都度発生する現実の問題を指すが、2人がお互いにずっと向き合い「わかる~」と共感し合っているだけでは解決に進まない。

 「夫婦の中だけで閉じない、ということが大事なんだと思う。そのためには、それぞれが精神的に自立して、外に向かって開いている必要がある」と森田氏。また例えば家電1つ買うにしても、「これで好きなの買っていいよ」と男性がお金を出してしまったら、「それはコミュニケーションじゃないし『共闘』とは呼ばないよね」と清田氏は語る。

 そうなりがちな背景には、結婚したら相手の人生を背負わなければという、男性側の根強い規範意識や、それに乗っかる女性の存在もあるだろう。しかし、男女の役割にこだわることなく、純粋に目の前にいる相手に興味を持って「語る」「聴く」というプロセスを積み重ねていくことが、確かなパートナーシップを築く唯一の方法なのかもしれないと思わされるトークイベントだった。

========== Free Reort ==========

1. キレイなお姉さん系職業と出会う方法・・・女子アナ・モデルと気軽に出会ってみませんか?

2. 今からでも作れる!モデル脚!!~美脚の作り方~魅惑の美脚プログラム~

3. ☆モデ痩せ – 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法

========== Free Reort ==========

More from my site