Home / 女子アナ情報 / カンテレアナカレンダー新発売…2018年版はネコとのコラボ #女子アナ #followme #女子アナウンサー
2 10月, 2017

カンテレアナカレンダー新発売…2018年版はネコとのコラボ #女子アナ #followme #女子アナウンサー

Posted in : 女子アナ情報 on by : joshianakun

アイドル、女子アナ ハプニング映像50連発 切り抜き7ページ

*アイドル、女子アナからレースクィーン 誰にも見られたくない お色気 ハプニング映像50連発掲載  切り抜き7ページ
*しわはありますが、ご覧になるのには問題ありません。
 
■発送方法■
※定形外発送予定 120~140円(事故保障なし)
■支払い方法■
・yahoo!かんたん決済のみです
 
※ご入札後のキャンセルはお受けできませんので、慎重にご入札下さい
 

↓↓↓↓↓

女子アナに関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

カンテレアナカレンダー新発売…2018年版はネコとのコラボ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナ カレンダーに関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

皆さんは携帯電話って[パソコン・スマホ・電化製品>スマートフォン・携帯電話・VR>au(KDDI)]

皆さんは携帯電話 メールとか通話 以外で何しますか?

アンダーヘアは、なぜコンプレックスになりやすい? カツラ開発者が語る“女のアソコ”の価値観

vv_m01

 永久脱毛が身近になり、アンダーヘアのケアを意識する女性が増えている。しかし、「どれだけ仲の良い友達でも、開けっぴろげにアンダーヘアの悩みは話せない……」という女性は少なくなく、話題に出すことも“タブー視”される風潮は今も変わっていない。なぜ、アンダーヘアは気軽に語ることが憚られるのか? アンダーヘア専用ヘアコンタクト「Venus Veil(ヴィーナスベール)」を販売する株式会社「クレイジーバンプ」の加藤さんに、女性のアンダーヘア意識について伺った。

■“アンダーヘアはあって当たり前”の価値観

 若い世代を中心に、ケアすることが一般的となりつつあるアンダーヘア。広告などで「Vゾーン」「VIO脱毛」といった文字を見かけることも増えたとはいえ、いまだ人前でフランクに語れるほどには至っていない。

 加藤さんも、これまで友人とアンダーヘアについて話した経験はなく、開発時のリサーチでは、「『こんな商品を開発するから聞かせてほしい』という前提があって初めて、話題にすることができました」という。それでも、何にどう悩んでいるのかという込み入った話までは聞き出せなかったそうだ。

 アンダーヘアの話題がタブー視される背景として、加藤さんは、「日本人ならではの奥ゆかしさなのかもしれない」と分析する。全処理やケアすることが一般的な外国人と違って、日本人はアンダーヘアをそのままにしておくことが“普通”とされてきた。そのため、手を加えると「遊んでいる」などの印象を持たれやすく、おのずとアンダーヘアの話題は口にしづらいムードに。

「アンダーヘアを永久脱毛した人の中にも、『アルはずのものがナイ』ことに恥ずかしさを覚えるようになってしまう方もいます。特に『アンダーヘアはあって当たり前』という意識の強い年配者の目に触れる温泉などでは、全処理のまま入浴することに抵抗を感じる人が少なくないといいます。また『パートナーに見せる際、アンダーヘアがないと恥ずかしい』といった方もいるようですね」

■「普通のアンダーヘア」がわからない

 そんな女性たちの悩みを解消すべく、アンダーヘア専用のカツラとなる「ヴィーナスベール」を開発した加藤さんだが、途中、アンダーヘアトークのタブー視による弊害を感じる場面もあったという。

「もともとアンダーヘア専用のカツラはありましたが、毛量が多く、毛も真っ黒で不自然なものでした。そこで、違和感のないものを作りたいと思ったのですが、まず“普通のアンダーヘア”がどんな感じかわからないんですよ」

 知人などへのヒアリングでは十分に聞き出すことができない。他人のアンダーヘアを見る機会もほとんどない。そこで、男性向けの雑誌を見たり、社員が実際にサンプルを試したりしながら意見を出し合い、改良していったそうだ。

 しかし、いざ完成すると、「本当に需要があるのか?」という不安が襲ったという。

「人と同じか違うかで悩む方もいる一方で、まったく気にしない方もいます。アンダーヘアの話題がタブーとされていることで、カツラが必要とされているかの把握さえ難しかったんです」

 ところが、いざ販売を始めると、「温泉で人目につくのが恥ずかしい」「パートナーが変わり、いきなり“ナイ”のを見せるのが忍びない」などの理由で、10代後半~70代まで、幅広い年代で需要があったという。

 「全処理をした若い女性だけでなく、年齢とともに薄くなってしまった高齢の方も必要としていることがわかり、あらためて『アンダーヘアはあって当たり前』という感覚の根深さを感じました」と、加藤さん。普段は他者の目に触れる場では引け目に感じてしまうほど、女性にとってアンダーヘアはパーソナルな問題だということが浮き彫りとなったのだ。

 ただ、一番驚いたのは、男性からの問い合わせがあったことだという。

「ヴィーナスベールは、その名の通り、完全に女性向けを想定して開発しました。ところが、男性からも注文があったので、ビックリしましたね。男性は女性以上に“あって当たり前”感が強いうえ、風呂場で隠したりもできませんよね。アンダーヘアがないと、からかわれる傾向もあり、女性より深刻な悩みであることが窺えました」

■タブー視が生んだアンダーヘアコンプレックス

 開発を通して、加藤さんは「アンダーヘアは個人差が大きいものと感じた」と語る。にもかかわらず、幅広い世代で秘かな悩みの種となっているのは、話しづらいことで個人差に気づけず、「薄めで毛が細く、真っ黒ではないアンダーヘアが美しい」というイメージだけが浸透しているからにほかならない。

 それゆえ、普段は人目につかず、実際は公共の場でもそれほど見られていなくても、「濃いのではないか」「ほかの人と違うかもしれない」と悩んだり、全処理したものの他人からどう見られるか不安に感じるなど、「アンダーヘアは、コンプレックスになりやすいのではないか」と、加藤さんは推測する。

「コンプレックスって、当人には大きな問題なので、それによって生じる悩みを解消できるアイテムがあれば、生きやすくなると思うんです。そういった点で、アンダーヘアのカツラをつけることは、“プチ整形”の感覚に似ているかもしれません。例えば、自分の顔にコンプレックスがあって整形に踏み切る人がいますが、他人から見ると『別に気にしなくてもいいのに』と思うことはよくありますよね。アンダーヘアも『人それぞれなんだ』『私は変じゃない』ということがわかれば、悩まずに済むのではないかと思いますが、コンプレックスを持っている人にとって、それはなかなか難しい問題なのではないでしょうか」

 海外では、アンダーヘアの脱色やデザインカットも話題になるほどケアが一般化している。しかし日本は、ケアを意識する人としない人という両極端な状態で、「今後もその距離が近づく可能性は低いのではないか」と加藤さんは語る。そういった状況を知っているだけでも、女性たちのアンダーヘアに関するタブー意識は薄らいでいくのかもしれない。
(取材・文/千葉こころ)

Venus Veil(ヴィーナスベール)公式サイト

 

========== Free Reort ==========

1. キレイなお姉さん系職業と出会う方法・・・女子アナ・モデルと気軽に出会ってみませんか?

2. 今からでも作れる!モデル脚!!~美脚の作り方~魅惑の美脚プログラム~

3. ☆モデ痩せ – 芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法

========== Free Reort ==========

More from my site