Home / 女子アナ情報 / 懐かしい肉食女女子アナ加藤綾子の画像検索してみた  写真集 #女子アナ #followme #女子アナウンサー
3 12月, 2016

懐かしい肉食女女子アナ加藤綾子の画像検索してみた  写真集 #女子アナ #followme #女子アナウンサー

Posted in : 女子アナ情報 on by : joshianakun

懐かしい肉食女女子アナ加藤綾子の画像検索してみた  写真集

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナ研究会に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

〔フリーアナ・小林麻耶(36)(19日救急搬送後の)23日も

[ニュース、政治、国際情勢|災害|原子力災害]〔フリーアナ・小林麻耶(36)(19日救急搬送後の)23日も体調戻らず~28日イベント中止〕 (日刊スポーツ 2016年5月23日)http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1652008.html (19日に)テレビ生放送中に体調を崩し 救急搬送されたフリーアナウンサーの 小林麻耶(36)の所属事務所が、 28日に予定されていたイベントの中止を発表した。 中止となるのは、 東京・新宿区の紀伊国屋書店新宿本店で 予定されていた小林のエッセー本 「まや道 向かい風でも笑顔の理由」 の発売を記念したサイン本お渡し&握手会。 23日に小林のブログが更新され、 「本人の体調不良の為、 イベントを中止させていただく運びとなりました。 皆様には心よりお詫び申し上げます」 と発表された。 小林は19日、 フジテレビ系「バイキング」生出演中に 体調を崩して退席し、救急車で病院に搬送された。 *** 〔フリーアナ・小林麻耶(36) 生放送中に体調を崩し途中退席⇒直後に病院に緊急搬送〕 (デイリースポーツ 2016年5月19日配信 ) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159528327 の続報ですが、 ↑でも触れたように、 〔フリーキャスター・小倉智昭氏(68) 膀胱ガン手術のため15日~全面休業へ〕 (nitewatch 2016年5月13日) http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159262819 等の 局アナ(特に女子アナ)を筆頭に (テレビ放送に限らず、ラジオ放送や 野球ナイター等 外野放送中に) 番組関係者が (生放送中も含め) 番組中or直後に体調不良を訴えるケースが 近年、後を絶ちません。 特にフジテレビ関係者が圧倒的に多いわけですが、 〔フジTV・三田友梨佳アナ(28) 扁桃腺摘出手術で10日間休養(30日~降板)〕 (デイリースポーツ 2015年9月29日) 〔フジ「めざまし」非常事態! パンアナ美女トリオ揃って体調不良〕 (東スポ 2015年2月7日) 他にも、 現在も急性リンパ性白血病(再発)で 闘病中の大塚範一アナ(67) 生放送中の体調不良が連発した菊川怜(37) 裏方も含め、局アナ等、社員の体調不良が 1F事故後、後を絶ちませんが、 他局の関係者の体調不良も小耳に挟むものの お台場(東京都港区台場)のフジTV関係者の 1F事故後の体調不良の報告例は 群を抜いているように感じます。 やはり、 お台場(東京都港区台場)周辺が 広域が被曝汚染地帯の都内において、 特に汚染レベルが突出 (ホットスポット&マイロスポット)し、 内外被曝リスクが突出しているという趣旨で、 その事とも関係あるのでは? 特に、 当方も何度も触れているように、 チェルノブイリの経験則からも 被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期) が2016年度以降。 そうすると、 今回のようなメディア関係者に限らず、 今年2016年度以降、 この種の被曝疾患の突然の顕在化と思われる ことに起因する不自然な体調不良も、 東日本(特にホットスポット&マイロスポット地帯) を中心に日本全土で 従前とは桁違いの規模で表面化し、 社会問題化するのは 概ね予測できるのではないでしょうか? PS ジェイコブ博士の2009年研究によると ~「被曝感受性」(被曝リスク)~ ◎女子は同年男子の約2倍。★★★ ◎30歳男性と5歳幼児(女性)との比較では、約5倍。 ◎30歳男性と乳児(女性)との比較では、約7倍。 >◎女子は同年男子の約2倍。★★★ 特に(男性アナに比しても) 女子アナの体調不良の圧倒的多さは、 このあたりに、真相が隠されている模様。

大学1年生ですが、就職活動が不安です。[ビジネス・キャリア>就職・転職・働き方>就職]

大学1年生ですが、就職活動が不安です。 いくつか就職活動について相談させてください。 1、私は乗り物に乗るのが好きなので「運輸系の会社で働きたい」という夢があるのですが、漠然…

「結婚話にはのっておく」「近所に親友を」、「婦人公論」の長寿企画で先輩からガチなアドバイス

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「『長寿で幸せ』な生き方」です。特集に「あなたの生活は長生きタイプ?」という診断テストがありましたので、恐々やってみましたが……結果は「長寿を妨げる性格の持ち主」とのこと。え~~。これは生活習慣ではなく、「性格」的に長寿か否かを診断するというもので、「真面目さ」や「愛着の安定性」が高い方が「もっとも寿命が長くなる」とのこと。え~~(2回目)。「気質的な部分の『真面目さ』は変えることが難しいかもしれません。しかし『愛着』は努力次第で改善することができます。そのために、まずは身近な人との関係を良くしましょう。夫、子ども、友達など周囲の人たちの良いところを見つける」。いやいや「婦人公論」的に努力でどうにもならないのは、「真面目さ」ではなく「愛着」の方なのでは……?

<トピックス>

◎特集 「長寿で幸せ」な生き方

◎ハッピー高齢者が明かす「40代、50代からやっておきたいこと」

◎がんを恐れない

■実は長い「若くもなく、老人でもない」時間

 「2016年の統計では、100歳以上の高齢者は全国で6万5000人以上。平均寿命が延びるなか、将来、体に衰えを感じてもできるだけ健康で穏やかに暮らしたい」とはリード弁。作家・中島京子と女優・室井滋の対談「あと50年生きるとしたら私たち、どんな老人になろう」や認知症予防のトレーニング法、長寿者が直面している貧困や老老介護問題に焦点を当てたルポもあります。そんな中で注目したいのが、冒頭の読者アンケート「ハッピー高齢者が明かす『40代、50代からやっておきたいこと』」。回答者年齢は75歳~103歳、平均年齢82歳というガチな先輩からのありがたいメッセージが満載です。

 「長生きして良かったことは?」という問いには「杖をついてよぼよぼ歩くようになり、他人様の優しさにふれると嬉しいです。年寄りを見守ってくれてありがとう」(91歳)、「鳥の声やいつもの景色、何気ないことに幸せを感じます。若い頃にはなかったこと」(75歳)といった我々が憧憬する“善なる老い”の姿があれば、「夫に何も逆らえず、自分を抑えて静かに生きてきたが、夫の没後、ようやく本来の私に戻ることができました」(92歳)というTHE婦人公論的なコメント、そして「15歳年下の彼を心から好きになって8年。(中略)私が年上なので何かにつけ嫉妬してしまい、苦しい思いでいっぱいです。彼なしでは生きていけません」(82歳)というパッションほとばしるものまで。「老人」なんて言葉でひとくくりにはできませんな。

 また「若い人へのアドバイス『これをやっておきましょう!』」には、パイセンたちの後悔から生まれた至言がズラリ。「夫に家事をさせましょう。自分のことは自分でできるように」(75歳)、「子どものしつけ。あんなに愛情とお金をかけたのに、今は寄り付きもしない」(77歳)、「結婚話には、のっておく」(80歳)、「夫と仲良くしておくと、歳を取ってから良くしてくれます」(77歳)、「近所に親友を」(83歳)などなど。

 ここでいう「若い人」というのは、50代、60代の人たち。世間的には決して「若い」わけではありませんが、次ページの俳人・宇多喜代子(81歳)のエッセイ「よき哉、懐炉執心の日々」にはこんな一文が。「かつての人生五十年時代からみれば夢のような六十歳だが、九十、百がそう珍しくなくなった今、若者でもない老人でもないという時間をどう設計実践するかということはかなり重大なのではないか」「それまで出来ていたことがそろそろ出来なくなる。かわりにそれまで出来ていたことを基にした新たな時間を授かるようになる。それがその頃かなと思う」。

 「婦人公論」世代をどう生きるかで、老後の在り様はだいぶ変わってくる。貧困老人や老老介護のページは見るもつらい現実ではありますが、若くもない、老人でもない時代にもしかしたらもう一度人生をやり直せるのではないか……といううっすらとした希望も読み取れるのです。

■どう生き直すのか

 続いては、巻末の小特集「がんを恐れない」。「長寿で幸せな生き方」にとって「がん」は敵なのか、それとも長寿の時代だからこそ問答無用に「死」を突き付ける「がん」は必要悪なのか。特集にはさまざまな形で「がん」や「死」と向き合った人が登場します。

 最初のインタビューは女優の仁科亜季子「60代で4度目の手術。それでも健やかに生きているのは」。改めてすさまじい病歴にびっくり。38歳で子宮頸がん、その手術の際にC型肝炎に感染、排尿障害、腸閉そく、盲腸にできた腫瘍、胃がん、大腸がん……「がんは一生ものというか、がん細胞を取り除くことができたとしても、一生つき合っていかなければならないことがあれこれ出てきてしまう。これががんという病気をやっかいなものしているのかもしれません」。そんな、放射線治療も抗がん剤ももちろん外科的手術もすべて行ってきた仁科と対照的なのは、「川島なお美が亡くなる1週間前まで舞台に立てた理由」。夫でパティシエの鎧塚俊彦が、昨年胆管がんで亡くなった妻で女優の川島なお美の死を振り返ります。

 女優として体にメスを入れることを拒み、手術以外のあらゆる方法を模索していたという川島。「自分でつくった腫瘍なのだから、生活を改善し自然治癒力を高めて治す」と専門書を「軽く50冊は読破」し、さまざまな治療法を見つけては試してみたそう。その中には「純金の棒で体をこするマッサージ」のような怪しげなものも。しかしその真剣な姿に、手術をすすめていた鎧塚も「たとえ僕自身が信用しきれない療法であれ、女房が『身体にプラスになる』と心底感じたのなら、止めないでいよう」と心に決めたと言います。

 腹腔鏡手術だけは受けたものの、5カ月でがんが再発。再発を告知されてからは「免疫療法」「霊能者」「O・リングテストを用いる漢方薬医」など、さらに怪しげな代替療法にのめり込む。結局は「肝臓で分解しきれなくなったアンモニアが脳に至ったがために台詞を忘れる症状が表れ」、舞台を降板した1週間後に帰らぬ人となりました。

 仁科と川島。がんに直面して選んだ道は違えど、それぞれのインタビューで出てきたのは同じ「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」という言葉。「残り少ない人生のQOLを高めたほうがいいなと思い」「子どものために何とか生き延びようとしていた38歳の私とは違う、60代の私の決断」として、仁科もまた負担のかかる抗がん剤治療を打ち切ったと言います。

 先述の「若者でもない老人でもないという時間をどう設計実践するか」という宇多の言葉は、ここでいうQOLに近いのかもしれません。50代、60代での「生き直し」。仁科にとっての子ども、川島にとっての舞台のような、生きる希望をどれだけ持てるかがQOLの鍵になるのでしょう。そう考えると「長寿で幸せ」の意味も少し違って見えてきますね。

(西澤千央)

ミス東大2016 ファイナリスト 堀菜保子Ver. [DVD]
ミス東大2016 ファイナリスト 堀菜保子Ver. [DVD]
価格:¥ 2,160


ミス東大2016 ファイナリスト 篠原梨菜Ver. [DVD]
ミス東大2016 ファイナリスト 篠原梨菜Ver. [DVD]
価格:¥ 2,160



More from my site