Home / 女子アナ情報 / テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー2015 #女子アナ #followme #女子アナウンサー
22 11月, 2016

テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー2015 #女子アナ #followme #女子アナウンサー

Posted in : 女子アナ情報 on by : joshianakun

テレビ朝日女性アナウンサーカレンダー2015

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナカレンダーに関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

女子アナカレンダーがあって男子アナカレンダーがないのは男性差

[エンターテインメントと趣味|テレビ、ラジオ|アナウンサー]女子アナカレンダーがあって男子アナカレンダーがないのは男性差別ですかそれとも女性差別ですか? 私は男性差別だと思います。女子だけ注目されてずるい!

プロ野球がつまらない原因は?[アンケート]

いつからプロ野球がこんなにつまらなくなったのか? 最近はTV放送もしていない、そもそもWBCで2回優勝、世界一のはずのプロ野球がなぜこんなにも人気がなくなってしまったのか? 原因と思…

杉浦友紀 ☆ サンデースポーツ~NHK
【2016/11/19/土】 ★ 杉浦友紀 1~12

“ニセ殿下”の虚言癖、“出たがり女”の虚栄心――「有栖川宮詐欺事件」の浅はかな見栄

jyunihitoe

(前編はこちら)

◎“ニセ殿下”の虚言癖
 有栖川識仁(当時41)を名乗った男の本名は北沢康弘。北沢が有栖川を名乗り出したのは結婚式が行われる約18年ほど前の1995年頃のことだったという。いわく、87年に亡くなった高松宮宣仁殿下の“ご落胤”で、断絶した有栖川宮を“復興させる権利”があるとのこと。そして90年には「有栖川記念事業団」という政治団体の代表に就任、寄付金などを集めていたという。その後も“宮様”である北沢はあるマルチ商法の広告塔として、全国で詐欺行為を働いていた。

 しかし、実際には北沢は京都宇治市の長屋に生まれ、両親は八百屋を営み、経済的にはあまり恵まれない家庭に生まれ育っている。母親によれば、勉強も苦手で中学卒業後に働き始めたという。だが、仕事は長続きせず、親子の折り合いも悪くなり、北沢は家を出た。

また北沢には若い頃から虚言癖もあり、“叔父が衆院選に出馬する”“自分は京大卒”などと言い出し、そしてついには“高松宮殿下がお亡くなりになる前に自分を呼び寄せ、お前には有栖川宮家を継ぐ権利があるといわれた”などと、主張しはじめた。

 その後は皇室の名前を利用して、各地で細々と詐欺を行ってきたという。こうした“皇室詐欺”は時折世間を騒がすものの、被害者も“本当に皇室につながる人間だったら”という心理が働き、事件化されないことは珍しくなかった。北沢もそうした人々に漬け込み、地味で目立たない詐欺を繰り返していたとみられる。

◎上昇志向と虚栄心、いわくつきの“婚約者”
 一方の坂上春子(仮名・当時44)は熊本県で、郵便局に勤める堅実な両親と妹がいる、質素だが堅実な家庭で生まれ育った。

 また、その美貌は幼い頃から有名だったという。18歳の時に「準ミス熊本」に選ばれたほどで、同級生からもあこがれの存在だった。その後、高校を卒業した坂上は、地元のバス会社に就職。そこを1年で辞めたのち結婚、夫婦で学習塾を始め、2人の子どもにも恵まれた。

 しかし、問題は坂上の強烈な上昇志向だった。当時坂上は、自己啓発教材販売で高額な報酬を得たり、化粧品のセールスで月に500万円以上の収入を得ているなどと周囲に吹聴していた。それが、事実なのかどうかは不明だが、もともと派手好きで、セレブっぽい振る舞いを好んだ坂上は、地味な結婚生活に嫌気が差し、数年で離婚する。

 その後、31歳になった坂上は、あるプロダクション経営の男性と再婚し上京するが、34歳で再び離婚した。その間、銀座ホステスや宗教団体の巫女、さらに結婚式をプロデュースする会社の設立し、「アナウンサー」「モデル」「ミスインターナショナル」などを自称していた。

 一貫して地道な生活を嫌い、強烈な上昇志向と華やかな生活を求めた坂上。一方で身の丈に合わない生活で借金もあった。そんな坂上に転機が訪れたのは、2002年のことだった。銀座のクラブで働いていた坂上は、当時、北沢と一緒に“皇室”詐欺を行っていた広告制作会社社長と知り合い、その社長と愛人契約をする。その関係から02年10月頃、北沢の存在を知り、より効果的に金儲けをしようと計画されたのが、“有栖川宮家の結婚式”だった。坂上は北沢を“殿下”と呼び、周囲にその関係を印象付けていった。

 坂上は“有栖川”を名乗る北沢の存在を巧妙に利用し、自らの結婚をプロデュース、一儲けを目論んだ。もちろん宮家につらなる人物との結婚は、それがニセとはいえ、坂上の虚栄心を満たすのにも十分だったのだろう。

◎出所後も続く“皇室”パフォーマンス
 しかし、そんな坂上の浅はかな見栄と虚像が破滅への一歩だった。

 マスコミによる大報道、そして坂上の積極的な露出は不必要なほど2人を目立たせ、世間の関心を買う。しかも、ことは皇室関連の詐欺だ。時間を追うごとに、事態は収集するどころか、ヒートアップ。ついに警察も重い腰を上げ、摘発に向けて動き出したのだ。

 03年10月21日、2人はご祝儀をだまし取ったとして詐欺罪で逮捕された。マスコミもこれを大きく取り上げたが、しかし2人は最後まで詐欺容疑と同時に“ニセモノ華族”であることを認めず、06年9月、ともに懲役2年2月の実刑判決が下されている。

 出所直後も2人はマスコミの取材に応じ、坂上が“殿下”にキスするパフォーマンスなどもしていたが、当時も2人は未入籍であることを明かしている。

 坂上の目立ちたがり屋、虚栄心が墓穴を掘った“バブルの残香”がそこはかとなく漂う事件。そのため必要以上に、マスコミや世間に必要以上の関心を持たれ注目されてしまった。地味に働くことよりも、一発逆転を狙おうとしたが、しかしスケールはあまりに小さい事件といえる。何しろここまでさまざまな仕掛けを作り、マスコミも大騒ぎした割には、その被害額は1350万円ほどで、例えば晩餐会の出席者で割ると1人4万円ほどの計算だ。

 上昇志向が強く口の立つ女と、無口で従順な詐欺師の出会いから巻き起こった陳腐な詐欺事件。しかし人々の記憶には残る“メディア先行”の演技型、劇場型犯罪だった。
(取材・文/神林広恵)

HBC女子アナカレンダー2017
HBC女子アナカレンダー2017
価格:¥ 1,080


高見侑里 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-201
高見侑里 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-201
価格:¥ 2,700



More from my site