『慶応』広告学研究会の集団強姦によりミス慶応中止へ!不祥事に対する慶応大の対応がヒドい #女子アナ #followme #女子アナウンサー

『慶応』広告学研究会の集団強姦によりミス慶応中止へ!不祥事に対する慶応大の対応がヒドい

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

女子アナ研究会に関するアイテム ← クリック 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

大卒内定率最低。筑波大学の私は内定がありません。知恵袋や世間

[子育てと学校|大学、短大、大学院|大学]大卒内定率最低。筑波大学の私は内定がありません。知恵袋や世間では学歴否定派が多く、さらには就職貴族の東大や慶應を否定する意見も多いですがこれは嫉妬からきているのでしょうか? 外資系金融や総合商社などは東大や慶應の2校に内定を多く出しているので、2校にこだわってみました。 メーカーが希望なのです グーグル(京大工、慶應理工) 三菱重工(東大工)と川崎重工(慶工 キリンホールディングス・・・近年歴代社長(東大、慶應、慶應) 日本郵船・・近年歴代社長(東大、慶應、東大、慶應) トヨタ自動車・・(一橋、東大法、慶應経済、慶應法) 米国駐在大使・・東大、東大、東大、慶應 経済評論家・・勝間(慶應)、森永(東大)山崎元(東大)門倉(慶應) スクウェアエニックス・・慶應から東大法野村出身に交代。 コーエーテクモ・・東大工から創業者慶應商に逆戻り 味の素・・東大文から慶應経済へ社長交代 東京電力・・東大から慶應へ社長交代 昭和電工・・東大が続き、慶應、東大、2010年10月に慶應へ 鹿島建設・・東大が続き、2007年頃、慶應へ USEN・・御曹司(明治学院)がダメダメなので東大(商事出身)に社長交代 ローソン・・2000年頃、慶應(商事・ハーバード出身)が社長へ マルハニチロ歴代、慶應、東大法、中央大 関西財界の著名重鎮といえば・・ ・松下正治元パナソニック社長(東大法)、松下正幸副会長(慶應) ・小林一三 阪急創始者(慶應) 秋山氏関西電力元社長(東大) 小泉、小沢、長妻、長島、石破、中曽根、石原・・慶應 岡田、鳩山、原口、亀井、仙石、谷垣、山口・・東大 日経225企業社長・・・東大、慶應、圧倒的、次に早稲田、京都・・・ 東証一部上場企業社長・・・慶應160 東大 80 早稲田 70 京都・・・・ 公認会計士大輩出大学・・・30年首位:慶應義塾大学、、早稲田・東大が次にパートナー職 国家公務員事務1種輩出大学・・・東京帝国大学ならびに東京大学(2番手は慶應) 司法試験2006年度合格・・・・東大、慶應、中央、京都 研究医の東大:臨床医の慶應の双璧(東大系・帝京・国立大と慶應系・済世会・東海・防衛、私立大) 芥川賞作家・早稲田、慶應、東大 ドラマ華麗なる一族・・万俵大介阪神財閥総帥(慶應卒) 長男・阪神特殊鉄鋼専務:鉄平 東大卒 次男:阪神銀行課長:銀平 慶應卒 娘婿・・美馬:東大大蔵官僚 ザ:華麗なる経歴 ①東大法、司法合格、米国コンサル修了、ネット生命設立副社長 ②慶應高校、慶大、三菱銀行、衆院議員、女子アナ(東大卒)と結婚 ③東大法、警察庁、衆院議員 ④慶應、環境省、環境省事務次官 巨大マスコミ:電通社長が慶應なら巨大マスコミ:読売新聞にはナベツネ(東大)がいた

アナウンサーになるため[ビジネス・キャリア>就職・転職・働き方>就職]

高校三年男子です。 アナウンサーを目指しています。 キー局の場合、男子はなぜ早慶ばかりなんでしょうか。受ける人数が多いからそれだけ採用も多いと言う人もいますが、こんなに早慶…

宮澤 智 ☆ スポーツLIFE HERO’S~フジTV
【2016/11/12→13/土→日】 ★ 宮澤 智 1~5

「ヤッたからって恋人とは限らない」メンヘラの“ヤリマンアイドル”にとって、セックスする意味とは?

 “誰とでもセックスするヤリマン”と聞くと、我々は、受け身の人間性を想像してしまいがちである。確かに、一昔前に“サセ子”“公衆便所”と呼ばれていたようなヤリマン女性たちのイメージは、男の欲望に無条件に従う(どこか頭の弱い)女というものである。つまり、完全に他者の価値観、他者の欲望の中で生きているような女性像だ。

 しかし、昨年から“ヤリマン”を冠したトークライブを主催している筆者が会うような近年のヤリマン女性たちの多くは、驚くほど自己中心的で、自らの欲望を最優先する「捕食者」のメンタリティーなのだ。果たして、“ヤリマン”を自称する女性は、女性読者の目にはどう映るのだろうか?

第3回 ヤリマンアイドル白玉あも(前編)

■「セックス=恋人」じゃないって思った

 前回、前々回と紹介したヤリマンが「陽のヤリマン」なら今回紹介するのは「陰のヤリマン」。果てしなく暗い北の大地が育んだ、世にも不思議な“ヤリマンアイドル”白玉あも(33歳)である。

 ヤリマンアイドルは、歌を歌うわけでも、CDを出すわけでもない。アイドルがイベントで歌を歌うように、エロ系のトークライブに出てエロ話をし、アイドルがファンと触れ合ってチェキを撮るように、客に直接“顔面騎乗をしながら”チェキを撮る。

 北海道の最東部、人口3万人の根室市。年の離れた3人兄姉の末っ子として生まれ、小学生の頃には両親が離婚、母親とのいびつなふたり暮らしが始まる。情緒不安定な女の子、いわゆる「メンヘラ」だった。現在もたまにしているという自傷行為、リストカットを始めたのは中学生の頃。

「“死にたい”という気持ちもなかったし、理科室に、ちょうどよさそうな刃物があって、単純に切ってみたいと思っちゃった。感覚的におかしいんでしょうね、自分を傷付けてみたいって……。その時は1回で止まったんだけど、高校生くらいからは、急に机をドーンってやったり、教室で発狂したり してました。今となっては“親がいなかったのが寂しかったんだろうな”ってわかるんだけど、当時はなんで自分がそうなっちゃうかわかんなくて」

 そんな多感な15歳の頃にした初めてのセックスが、その後のセックス観を決定づけた。

「中3の時、同じく母子家庭の、すごく仲のいい同級生がいて、その彼が熱で学校を休んだんですね。それで学校から届け物を持っていったんですけど、彼の部屋でちょっとしゃべってたら『隣に来て』って言われて、一緒に蒲団に入ったらモゾモゾしだして、そこでセックス。

 “これで私も大人の女になったんだ”ってうれしかったし、ヤッたんだから“もう私と付き合うことになるだろう”って思った。その彼は、私が毎日一緒に学校行ってた女友達と付き合ってたんですよ。その子には悪いんだけど“最近うまくいってない”って聞いてたし“いいかな”って。どっかで“私の方が勝っちゃった”って感覚だったと思う」

 しかし、初セックスの相手とは、思うような関係にはならなかった。

「しばらくは仲良くしていたんですが、ある放課後、彼に呼ばれて行ってみたら、女友達がたくさん集まっていて、その前で“俺、オマエと別に付き合ってねえから”って言われた。私も内心傷付いたけど、“セックスをしても付き合えないんだ”って、そこから『セックス=恋人』じゃないって思った。だから、奥さんや彼女がいる人とも平気でヤるようになっちゃったんだと思う」

■援助交際で稼いだお金を、親にたかられる

 高校生になると携帯電話を持ち、多くのセックスを重ねてゆく。

 知らない大人と伝言ダイヤルやツーショットダイヤルで会って援助交際。札幌に遠征したこともある。先にお金が振り込まれると夜行バスで向かい、カラオケや食事に行き、ラブホでセックスしてお金をもらう。1回3万円から5万円ほど稼いだお金は、食費に充てていたという。

「離婚後、ママはご飯も作らなくなったし、洗濯もしないし、パパからの養育費は毎月入ってたんですけど、それは私に使ってくれなくなった。最初はそば屋でもバイトしてたんですけど、給料入ったら全部ママが持ってっちゃうんですよ。それで“バイトなんかしてらんない”って援交始めたんです」

 しかし、そのお金にまで母親の手がつく。

「後々通帳を調べられてバレて、“なんでこんなにいろんな人から振り込みがあるの!? アンタなにやってんの!?”って言われたんですけど、私が援交やめたらママも困るし、最終的には“この子は稼いでる”ってわかったので“車ぶつけたから×万円貸してくれない?”って私にたかってくるようになったんですよね……高校生の娘に3万円とか借りて、それでパチンコ行くんですよ。キチガイですよね……」

 ほとんどひとりで投げ出された状態で、援助交際で暮らしていた根室の高校生。そんなところに、セックスの快感などあるはずもない。

「気持ちいいって感覚は特になかったけど、こういうことしてる時って男の人、優しいなって思ったし、“ヤラせれば家に泊まりに来てくれる”って感覚がありました。長く関係が続いていたのは、地元のお祭りの運営サークルの人。そこには大人もいっぱいいて、飲み会にも呼んでもらってたんですよね。だから、そこの人とはだいたいヤッてます。

 一番多かったのは20歳過ぎの若い人で、あとはおじさんたち。奥さんもいる30歳過ぎのおじさんが車の中でイタズラしてきたり、家に呼んでベロベロに酒飲ませてヤッたり、別荘で乱交したり……」

 しかし、その中の誰ひとりとして恋愛関係はないというのだ。そのような異様な境遇で、“セックスを断る”という選択肢はなかったのだろうか?

「ないです。なんで断らなきゃいけないのかわかんなかったし、断った時にガッカリされるのが怖いっていうか。明日から連絡なくなるんじゃないかとか、“もう要らない”とか言われそうな気がして……。性的な役割でも必要とされているのはうれしかったです。ヤればまた遊んでくれるし、居場所は作れる」

 しかしその代償として、今も拭えない罪悪感が、彼女のセックスにはつきまとっている。

「セックスの後、嫌な気持ちになることが多いのは、奥さんや彼女がいるところで、なんにもないふりをするのがキツかったから。みんな、私とヤることは秘密なわけじゃないですか。だからセックスは“言っちゃいけないこと”って感じでした。もしも私のセックスを堂々と言えてたら、ちょっと人生変わってたかもしれないと思う」

■親戚からのひどい仕打ち

 実はその性へのネガティブな意識は、幼児期にまでさかのぼる。

「幼稚園に上がる前くらいの時に、高校生の従兄弟にオナニーの相手させられた。昼寝して起きたら、私のパンツを下ろして、太ももにこすりつけて素股みたいなことやってて、ハアハア言って……。そのまま精子をぶっかけられた」

 親戚からも、幼少期から性の対象としてばかり見られていたのだ。

「“これはママに言っちゃいけない”ってことは、なんとなくわかってた。私、なんか変なことしゃべったらいけないから、家族とか親戚で集まっても、あんまりしゃべらなくなったんですよ。みんな楽しくしてても 、“あのお兄ちゃん、私にエッチなことしたよね”と思ってたし……とにかく嫌でしたね、親戚といるのは」

 どこでも公言できないまま、異常な性体験だけを重ねていった10代だった。高校を出て函館の専門学校に通うようになって、家族関係のストレスはなくなったと思われたが、姉の早世で帰省した彼女に、容赦なくそれは襲いかかった。

「姉は脳腫瘍で倒れて3カ月くらいで死んだんだけど、葬式終わった後、ご飯食べたりする席で、従姉妹が“っていうか、なんでいるの? お姉ちゃんは子どももいるし生きていなきゃダメな人だったけど、アンタはいてもいなくても変わんないんだから、アンタが病気になって死ねばよかったんだよ”って言いだして。そしたらウチのママも泣きながら“そうなのよねえ”って言いだして……。いい大人がみんなそんな感じになっちゃって、“もうこんなところ一生関わりたくない”って思って、急遽その夜に飛行機とって帰って、その人たちとは一生バイバイですよね」

■東京へ出て風俗嬢に

 彼女は、函館の五稜郭前の交差点で援交相手と出会いまくっていた最中にも、セックスによって東京へ出る段取りをつけていた。

「高校3年生くらいから、ツーショットダイヤルで知り合った東京の人と、遠距離恋愛みたいな感じで付き合ってることにして、全然好きじゃなかったけど、“東京に出るための口実”を、その時点から作ってたんですよ。その人をキープしながら援交でお金をためて、東京に行く資金にしようって」

 もはや何かの復讐劇のような壮絶な話だが、彼女は必死にセックスをして、北海道を出たのだった。

「家は“東京に出てきたら同棲しよう”って、その人が用意してくれました。申し訳ないですけど、その人のことはまったく好きじゃなくて、1年くらいで別れました……ひどいですよね」

 上京した彼女はカフェの店員 になって働いたものの、半年ほどで辞めてしまう。風俗嬢になったのだ。風俗も、感覚的には援交と変わらないということだろうか?

「変わらないです。それよりもよかったのは、自分で獲物探さないでも、待ってればお金持ってる人が来るし、援交なら帰るタイミングわからないんでドライブ付き合ったりしてたんですけど、風俗は60分、90分とかで帰るんで、“なんていい仕事なんだ!”って思いましたね。人と深い話しなくていいし、嘘の名前で働けるし」

 なし崩しで始めたような風俗の仕事も、実は昔からの予定通りだった。

「東京に風俗の仕事があるって知って、“早くしたい”って思ってたんです。田舎の嫌なのって、横のしがらみだらけ。東京に出てしまえば、人殺した人もいるだろうし、もっと育ちが悪い人もいるだろうし、そういうところに出れば紛れるかなって思って……」

 世の中には、プロ野球選手に憧れる少年がいるように、風俗嬢に憧れる少女もいるのだ。

「風俗は、朝から夕方までの昼番でやってたので、彼氏にはカフェで働いてるふりをしてました。でもだんだん気付いていったっぽいんです。おごったり、プレゼントあげたりしてたから、お金持ってるってわかってたと思うし。彼氏もママみたいになってきて、“今月、車の支払いキツいなー”とか言ってくるんですよ。それで、私は困ってるの見るのに弱いから、“今月貸す?”“いいの?”みたいになって。だんだん関係性が変わっていくんですよね」

 たまたまの巡り合わせなのか、彼女が周囲をそうさせているのか、どこまでいっても、お金とセックスが基盤になった人間関係なのである。そんな彼とも別れ、歌舞伎町のソープランドに転職した23歳頃、彼女に初めてのまともな彼氏ができる。
(文・写真=福田光睦/Modern Freaks Inc.代表/Twitterアカウント:@mitutika

(後編に続く)

一人暮らしのための東京あるある大事典
一人暮らしのための東京あるある大事典
価格:¥ 1,922


ポケット女子アナBest10
ポケット女子アナBest10
価格:¥ 823